家

輸入住宅に明確な細かい決まりはない

白を基調とした家

輸入住宅に憧れをお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。異国情緒のある特別感のある家は見る人を魅了するので無理もありません。そして実際に家を購入する、または建てるという時に輸入住宅を希望する方も同様に大勢いらっしゃる事でしょう。しかし輸入住宅を建てるとなると、途端にどうしたら良いのかわからなくなる方も実は多いです。そもそもどんなものを輸入住宅というのか、和室を作ったら変か、外国風の見た目を国産資材で作っても輸入住宅と言えるのか、などいざ建てようと計画を練る段階になると実はよく知らない点がたくさん出てくるのです。
輸入住宅は明確な細かい決まりというのは実はありません。海外設計を元に海外の資材を多く使って建てられた家、というのが最低限の輸入住宅の決まり事です。それにのっとっていれば、中に和室があっても問題ありません。日本人が住みやすいようにいくらでもアレンジはされるべきです。
また海外のデザイナーにデザインしてもらい国産資材で作ったという場合にも、輸入住宅といえます。さらに、メンテナンスの事を考えてあえて海外資材は最低限にして、国産のものを多めに使うというやり方もあります。なので全てが海外資材ではないから輸入住宅とはいえない、なんていう事もありません。

トピックス

輸入住宅に明確な細かい決まりはない

白を基調とした家

輸入住宅に憧れをお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。異国情緒のある特別感のある家は見る人を魅了するので無理もありません。そして実際に家…

もっと読む

住みやすい輸入住宅について

大きな家

日本で長く生活をしている人にとっては、やはり日本の住宅が最も住みやすいというのはいうまでもありません。しかしながら、オシャレな輸入住宅というの…

もっと読む

輸入住宅のアフターケアは重要です

空と家

洋風建築の木造住宅が最近増えていますが、中でも建築資材を輸入して日本国内で組み立てをする輸入住宅の人気が高まっています。理由としては、デザイン…

もっと読む