家

輸入住宅のアフターケアは重要です

空と家

洋風建築の木造住宅が最近増えていますが、中でも建築資材を輸入して日本国内で組み立てをする輸入住宅の人気が高まっています。理由としては、デザインもしかりですが、最近の円高傾向が後押ししていることも人気の1つです。
デザインはやはり日本建築には見られないもので、メルヘンさを感じます。色合いもカラフルなものからシックな黒を基調とした建物もあり、デザインの選択の自由度が高いです。また、建築資材は為替変動により変わってきます。最近まで円高傾向で、1ドル105円前後でしたので、費用も抑えることが可能でした。さらに、2020年の東京オリンピックを控え、建築資材が高騰していますので、海外の建築資材を輸入することによる建築コスト削減の効果はあります。
しかし、気をつけておかねばならないのは、住宅のメンテナンスです。輸入住宅の建築資材は海外のものです。従ってメンテナンスをする場合も海外から資材を輸入する必要があります。仮に国内の資材を使う場合、木の性質もことなるため、メンテナンスが十分にできないことがあります。
さらに、建築時は海外の方を呼ぶスタイルが多いですが、メンテナンス時に海外の方を呼ぶのも一苦労です。従いまして、輸入住宅の購入の際には、建築後のメンテナンス、アフターケアが充実した業者を選択しましょう。

トピックス

輸入住宅に明確な細かい決まりはない

白を基調とした家

輸入住宅に憧れをお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。異国情緒のある特別感のある家は見る人を魅了するので無理もありません。そして実際に家…

もっと読む

住みやすい輸入住宅について

大きな家

日本で長く生活をしている人にとっては、やはり日本の住宅が最も住みやすいというのはいうまでもありません。しかしながら、オシャレな輸入住宅というの…

もっと読む

輸入住宅のアフターケアは重要です

空と家

洋風建築の木造住宅が最近増えていますが、中でも建築資材を輸入して日本国内で組み立てをする輸入住宅の人気が高まっています。理由としては、デザイン…

もっと読む